バタフライピーのお茶『青の花茶』はこちらで販売しています。

SNSで話題のバタフライピーのお茶『青の花茶』の販売情報ブログです。バタフライピーのお茶『青の花茶』の販売先や口コミなど。

バタフライピーっていったいなに?

バタフライピーのお茶の真っ青な色はきれいだとは思うけれど、
正直おいしそうなんて思えないのは、私だけでしょうか?

 

どこかで見たぞ?あ!ブルーハワイのかき氷・・
食べ物ではそれくらいしか思いつきません、あの青色。


でも、この青い色素は人工のものじゃなく天然のバタフライピーというお花の色。

 

バタフライピーというお花はタイ語では「アンチャン」と呼ばれ、
タイの家の庭先や、公園には当たり前のように咲いている、ポピュラーなハーブです。

 

そして、この青い成分はアントシアニン

 

バタフライピーのアントシアニンは花びらに含まれているため、

ブルーベリーなどの果実とは違い、酸の影響を受けないため鮮やかな青い色になるんだそうです。

 

また、ブルーベリーのアントシアニンよりもはるかに安定しているため
バタフライピーのお茶はタイでは飲む点滴といわれるほど、

大切にされてきました。

 

タイの伝統医学ではバタフライピーの抗血栓 血栓溶解をする成分を

利用し、高脂血症、脳血管障害などの治療に用いているそうです。

 

美容大国であるタイではバタフライピーは美容のためにも使われており

 

デトック効果が高いことからダイエットに

抗酸化作用が非常に高く肌の老化を防ぐことからアンチエイジング

バタフライピーを配合したシャンプーもしくは抽出液を白髪や薄毛防止に用いたり

もちろんアントシアニンは眼精疲労解消の効果があることも周知のこと。

 

と、様々な形で使われています。


真っ青なお茶の色には最初はびっくりしますがこの青い色にこそ
効果の秘密が隠されていたんですね。


バタフライピーの青いアントシアニンがたっぷりの【青の花茶】を

美容と健康のためにお試しください。

 

➡「青の花茶」の青い成分の秘密についてはこちらも参照ください。